トップ  »  集会等の報告  »  辺野古埋立て反対 共謀罪廃案!国会包囲行動に18000人

辺野古埋立て反対 共謀罪廃案!国会包囲行動に18000人

2017年6月10日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

6.10集会稲嶺.JPG

6.10大城.JPG6.10清水.JPG

「辺野古新基地建設反対!」「共謀罪は絶対廃案!」。6月10日、国会周辺は安倍政権に対する市民の怒りの輪が取り巻きました。「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委」や「基地の県内移設に反対する県民会議」「止めよう!辺野古埋立て国会包囲実行委」が主催した「止めよう!辺野古埋立て 共謀罪法案は廃案に!6.10国会大包囲」の行動が行われ、1万8千人が参加しました。
 集会は国会周囲の4ヵ所で行われ、このうち、戦争をさせない1000人委員会が運営する国会議員会館前エリアでは、主催団体として、1000人委員会事務局長の内田雅敏さんが「戦争法に続いて、現代の治安維持法の共謀罪の成立、辺野古新基地建設を絶対に許してはならない。森友学園や加計学園問題等も含め、安倍政権を徹底的に追及しよう」と呼びかけました。
 さらに、同県民会議事務局長の大城悟沖縄平和運動センター事務局長(顔写真左)は「今も違法な工事が行われている辺野古で、本日1800人が集まり連帯集会を行った。県民の民意を踏みにじる安倍政権を許さず、沖縄を戦場にさせない闘いを続ける」と決意を表明。また、辺野古現地から「ヘリ基地反対協議会」共同代表の安次富浩さんも登壇し、「我々は権力の弾圧を恐れない。民主主義は勝ち取るものだ。沖縄の問題を日本全体の問題として闘おう」と訴えました。
 さらに、オール沖縄会議共同代表の稲嶺進名護市長が、沖縄平和運動センターの山城博治議長が不当に長期勾留されたことをあげ「これは共謀罪を先取りし、反対運動を萎縮させようとするものだ。辺野古に基地は絶対に作らせない」と力強く語りました(上写真)。一方、辺野古基地建設のための本土からの土砂搬出に反対する全国連絡会の湯浅一郎さんも「どこにも戦争に使う土砂は一粒もない」とエールを送りました。
 一方、共謀罪の問題では、日本体育大学の清水雅彦教授(顔写真右)が「沖縄基地問題と共謀罪の根は同じ。強行採決を許さず、法案を阻止しよう。そのため、学者もがんばる」と決意を述べ、弁護士の米倉洋子さんも「共謀罪は一般市民の基地反対運動も対象になるものだ」と警鐘を鳴らしました。
 集会には、野党各党の代表も参加し、民進党の近藤昭一副代表や社民党の吉田忠智党首、「沖縄の風」の糸数慶子参院議員、自由党の玉城デニー衆院議員が、共謀罪法案の廃案と辺野古新基地建設に反対し、野党共闘を進める決意を表明しました。
 最後に「共謀罪は、国会会期末の1週間の闘いにかかっている。連日の集会に最大の運動を」(総がかり行動実行委の福山真劫さん)と行動提起があり、全員でコールを行って終了しました。
6.10コール.JPG

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS