トップ  »  集会等の報告  »  「共謀罪は廃止できる!」大集会に3000人が参加

「共謀罪は廃止できる!」大集会に3000人が参加

2017年9月15日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

   共謀罪廃止集会 048.JPG

 9月15日、「共謀罪廃止のための連絡会」は、東京の日比谷野外音楽堂で「共謀罪は廃止できる!9.15大集会」を開催、3000人が参加し、デモ行進を行いました。「共謀罪廃止のための連絡会」は、今年6月15日、国会で強行採決で成立した共謀罪法の廃止に向けて、市民団体や法律家団体をはじめ「総がかり行動実行委員会」「未来のための公共」などの14団体で構成し発足、この日の集会はその廃止の実現に向けてスタートとなりました。
 最初に主催者代表としてアムネスティー・インターナショナル日本の山口薫さんがあいさつ。「声を上げ続ければ、必ず共謀罪は廃止できる。廃止までがんばり抜きましょう!」と呼びかけました。また、野党4党から、有田芳生衆議院議員(民進党)、福島瑞穂参議院議員(社民党)、藤野保史衆議院議員(共産党)、渡辺浩一郎元衆議院議員(自由党)が参加、ともにたたかう決意を語りました。集会後、参加者は銀座に向けデモ行進をし、共謀罪廃止を訴えました。

IMG_20170915_193754~01-1.jpg

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS