トップ  »  集会等の報告  »  安倍9条改憲NO!全国市民アクション 国会包囲大行動に4万人が参加!

安倍9条改憲NO!全国市民アクション 国会包囲大行動に4万人が参加!

2017年11月 3日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

11・3国会包囲正門前 179.JPG 

 日本国憲法が公布されてから71年目を迎えた11月3日、安倍政権の9条改憲を阻止するために新しく発足した「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」は、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」と共催し、国会周辺で「11・3国会包囲大行動」を開催。約4万人が国会を包囲、「改憲反対、9条守れ!」「安倍政権打倒!」を訴えました。
 集会は、13時から中川五郎さんなどのプレコンサートの後、主催団体を代表して、全国市民アクション運営委員の高田健さんが「選挙の結果、改憲勢力が3分の2を確保したが、これまで作り上げてきた野党と市民の結束の力をさらに一層発展させて、安倍9条改憲の流れを打ち砕いて行かなければならない。国会での改憲発議を阻止するたたかいを強めよう!」と訴えました(上写真)。
 スピーチは、ルポライターの鎌田慧さんが「国会では立憲野党は少数だが、デモや集会の力、市民の力で、改憲発議を阻止しよう」と呼びかけました。また、作家の落合恵子さんも「本当の安全保障とは、原発をなくし、米軍基地をなくし、憲法を守ることだ。諦めることなく前に進もう!」と強調しました。
 ピースボートの共同代表であり、ノーベル平和賞受賞の「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の国際運営委員でもある川崎哲さんは「核兵器廃絶と憲法9条は、あの戦争からの教訓だ。9条をまもり、核兵器を世界からなくすことが、私たちの進むべき道だ!」と、安倍政権を批判。
 また、韓国の朴大統領を倒した市民のたたかいを担った、キム・ヨンホさんは「日本の憲法9条はアジアの宝だ。9条改憲は戦前のファシズムへの復帰と新しい軍国主義への出発になり、周辺国の軍拡を招く」と警告しました。
 政党からは、枝野幸男立憲民主党代表、志位和夫共産党委員長、江崎孝参議院議員、福島瑞穂社民党副党首が登壇、「国会の中の闘いと市民の闘いを両輪として、立憲主義を取り戻そう」などと、闘う決意を述べました。また、自由党の小沢一郎代表からもメッセージが寄せられました。
 その後、集会は国会正門前、議員会館前、国会図書館前、町村会館でステージごとに集会を開催。多数の文化人や著名人がスピーチを行い、国会周辺を包み込む「戦争する国絶対反対!」「安倍政権をみんなで倒そう!」「立憲や野党と市民は共闘するぞ!」「改憲反対!9条守れ!」のコールが響き渡りました。
 このうち、「戦争をさせない1000人委員会」が担当した国会議員会館前の集会では、内田雅敏弁護士、ジャーナリストの高野孟さん、東海大教授の永山茂樹さん、落語家の古今亭菊千代さん、一坪反戦地主会関東ブロックの木村辰彦さんがスピーチを行いました(下写真は議員会館前集会)。
 11・3国会包囲議員会館前 339.JPG

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS