トップ  »  集会等の報告  »  9条改憲阻止、安倍政権打倒!2月19日行動に1800人

9条改憲阻止、安倍政権打倒!2月19日行動に1800人

2018年2月19日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

19行動 330.JPG 

 2月19日、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」と「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の共催で、国会議員会館前で、29回目となる「19日行動」を開催、1800人が参加しました。
 通常国会が始まって初めての行動は、1000人委員会の北村智之さんの司会で進行。主催者を代表して高田健さん(9条壊すな!実行委員会)が「めちゃくちゃな政治が続いている。安倍政権は早く打倒しなければならない。世論を盛り上げ、安倍9条改憲NO!の3000万署名を全力で成功させ、改憲を阻止しよう」と訴えました。
 政党からは立憲民主党の佐々木隆博衆議院議員、社民党の福島瑞穂参議院議員、共産党の穀田恵二衆議院議員が登壇し、口々に、安倍政権打倒に向けてともにたたかおうと呼びかけました。
 連帯の挨拶は、本田由紀・東大教授、市民アクションいちかわの白井さん、法律家6団体の大江京子さんが行いました。
 本田教授は「安倍政権による人間観の醜さにより、教育も仕事も家族もひどいことになっている。基本的権利やその中にある美しい多様性や生活の安全を整えると言った、政治の役割を忘れ、自分たちの気に入った人たちだけに恩恵を与え、私物化している。決してあきらめることなく、きちんとNO!を言い、今を立て直す責任が私たちにある」と訴えました。
 最後に、木下興さん(憲法共同センター)が行動提起を行い、3月6日の「戦争させない東アジア非核・平和を!集会」、3月19日の「19日行動」、5月3日の「憲法集会」への参加などを訴えました。参加者は「戦争法は廃止を!」「安倍政権は退陣しろ!」などとコールを繰り返しました。
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS