トップ  »  集会等の報告  »  朝鮮幼稚園はずしNO!すべての幼児に教育・保育の権利を!11・2全国集会とパレードに4000人が参加

朝鮮幼稚園はずしNO!すべての幼児に教育・保育の権利を!11・2全国集会とパレードに4000人が参加

2019年11月 2日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

DSCN5314HP.jpg

 11月3日、東京・日比谷野外音楽堂で、「朝鮮幼稚園はずしNO!すべての幼児に教育・保育の権利を!11・2全国集会&パレード」が開催され、4000人が参加しました。朝鮮高校の高校無償化からの排除に続き、幼い子どもたちへの露骨な差別である幼保無償化からの朝鮮幼稚園の排除に抗議し、すべての子どもたちの教育・保育の権利を求めてパレードを行いました。

DSCN5326hp.jpg
 集会は、まず、主催者を代表してナン・スンウさん(朝鮮幼稚園幼保無償化中央対策委員会委員長)と藤本泰成さん(朝鮮学園を支援する全国ネットワーク事務局長、平和フォーラム共同代表)が挨拶しました。
 ナン・スンウさんは「私は日本のみなさんが在日朝鮮人の民族教育への支援を惜しまず、日本の当局への抗議の声をあげてくださっていることに大きく励まされている。すべての在日の同胞の心を込めて感謝を申し上げる。本日の行動は私たちに希望と勇気を与え、政府には大きな圧力になると確信する。本日の集会を契機に日本の皆さんと一層固く連帯し、幼保無償化の権利をかちとるまで、一歩もひるむことなく最後まで闘い続ける」との決意を表明しました。
 また、藤本泰成さんは「本日の集会の参加された在日の同胞と日本人のおもいは、差別のない明るい豊かな未来のために、それぞれ認め合い信頼しあい日本社会を共に生きていくことだ。日本列島と朝鮮半島は古来から切り離すことのできない文化を相互に影響し合いながら育んできた。しかし、日本は、近年、韓国併合を強制し過酷な植民地支配を続け、朝鮮の文化を破壊し、様々な蛮行を行ってきた。この歴史を安倍首相はじめ多くの政治家はしっかりと学ばなければならないはずだ。また、学ばなけれな政治家の資格はない。幼保無償化、高校の無償化を勝ち取るまでともに闘いましょう!」と訴えました。 
DSCN5391hp.jpg
 
DSCN5417hp.jpg
            
 各政党からは立憲民主党初鹿明博衆議院議員、宮本徹共産党衆議院議員、福島瑞穂社民党参院議員がそれぞれ連帯の挨拶を行い、幼保無償化から排除する、明らかな差別の不当性を訴え、共に闘う決意を述べました。
 来賓あいさつとして、元文部省の大臣官房審議官の寺脇研さん。日朝友好促進東京議員連絡会の保坂正仁さん、が挨拶。連帯の挨拶として朝鮮幼稚園の保護者訴え、子ども教育宝仙大学教授の佐野通夫さんらがメッセージを発表しました。
 

DSCN5418hp.jpg

DSCN5420hp.jpg

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS