トップ  »  集会等の報告  »  「第51回食とみどり、水を守る全国活動者会議」が開催

「第51回食とみどり、水を守る全国活動者会議」が開催

2019年11月29日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

全国活動者会議3.jpg

 11月29日、日本教育会館で「第51回食とみどり、水を守る全国活動者会議」が開催され、全国46都道府県から97名が参加しました
 農業・森林・環境のそれぞれの課題について、①安藤光義さん(東京大学教授)より「農村政策の展開と現実」について、②村上幸一郎さん(農林水産省大臣官房政策課調整官兼林野庁計画課)より 「森林経営管理制度と森林環境税・森林環境譲与税」について、③橋本淳司さん(水ジャーナリスト、アクアスフィア・水教育研究所代表)より「気候変動対策として食・森・エネルギー・水を流域産流域消にシフトする」についての3講演が行われました。
 その後、北海道から「食・みどり・水を守る道民の会の取組」について、熊本県からは「熊本県民会議における活動報告」についての2つの取り組み報告を受けました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS