トップ  »  集会等の報告  »  権力私物化やめろ、政治の腐敗に怒りを!安倍政治をおわらせよう!12・4官邸前大行動

権力私物化やめろ、政治の腐敗に怒りを!安倍政治をおわらせよう!12・4官邸前大行動

2019年12月 4日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

  権力私物化やめろ、政治の腐敗に怒りを!安倍政治をおわらせよう!12・4官邸前大行動』が12月4日(水)、18時30分から首相官邸前で行われ、1000名が参加しました。

 はじめに主催者を代表して高田健さんが、アフガニスタンで殺害された中村哲さんを追悼して「遺志を受けつぎ、9条を守り、中東派兵を許さない」と挨拶しました。

 続いて立憲各党から発言がありました。社会民主党吉田忠智参議院議員は「安倍首相は歴代最長というが最悪の経済政策、また本日成立の日米貿易協定等最悪であり、このまますませてはならない」と訴えました。共産党の宮本徹衆院議員が「後援会を「桜を見る会」に招待するのは、税金を使った選挙運動であり、安倍を応援した人が功労者なのか、明恵さん招待が143名もいる、ジャパンライフも首相招待ではないのか。徹底的に追求する」と述べました。沖縄の風の伊波参議院議員は「モリカケから「桜を見る会」までに見られる安倍政権の腐敗」を糾弾し、沖縄での辺野古の現状を報告し、最後まで闘う決意を明らかにしました。立憲民主党の杉尾秀哉参議院議員が「辞任した大臣はその後国会に出て来ない。首相はヤジを飛ばし、「桜を見る会」は反社勢力やジャンパンライフに利用されている」と政権の現状を厳しく批判しました。
 続いて「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を代表して広渡清吾さんが「安倍さんは行政を担う基本ルールを守らない。政府行事を私物化し、検証に不可欠の資料を処分し、責任を取らない。知性がないのは我慢してきたが、恥も知らない。どうしようもない」と切り捨てました。
 その後、「No War八王子アクション」から萩生田文科大臣へ「公開質問状」を出すなど地域での行動の報告が行われ、法律家六団体から、何でも私物化する安倍だが、特に軍隊の私物化は許すな!というアピールがありました。
 最後に12月から1月にかけての行動提起が行われ、終了しました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS