トップ  »  声明・申し入れ  »  ケビン・メア国務省日本部長の発言に対する抗議と要請

ケビン・メア国務省日本部長の発言に対する抗議と要請

2011年3月 9日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

2011年3月9日

アメリカ合衆国駐日本大使館  
駐日本大使ジョン・V・ルース

ケビン・メア国務省日本部長の発言に対する抗議と要請

 米国政府宛の文書でありながら、日本語で記載していることをお許しください。
 日米両国市民の友好と親善のための貴職のご尽力に、心から感謝いたします。
 さて、ケビン・メア国務省日本部長が、米国アメリカン大学の学生に対して、国務省内で行った講義の内容が報じられています。
 私たちは、講義に参加した学生が作成した、メア日本部長の発言録を入手し読みました。私たちは、メア日本部長の発言に含まれていた、日本の文化や沖縄の人々の生活習慣に対する強い偏見と差別に怒りを感じています。また日米安保条約と在日米軍基地の下で、日本に住む市民、沖縄に住む市民が受けている負担を一顧だにしない姿勢に強い憤りを覚えます。
 私たちは米国政府に対して、日本と沖縄の市民に対する謝罪と、ケビン・メア日本部長の解任を要求します。また下記の事項についての回答を求めます。
 日米両国の今後の関係のためにも、よろしくご検討をお願いいたします。

  1. 報道によれば、米国大使館はメア日本部長の発言に関して、「米国政府の見解を全く反映していない」とする声明を発表したとされています。しかしこの声明は、在日米国大使館の公式ホームページで確認することができません。多くの市民が米国大使館の声明を読むことができるよう、声明のホームページへの掲載を要請します。
  2. 上記声明に関連し、メア日本部長の発言のどの部分が米国政府の見解を反映していないのか、またメア日本部長が述べた事柄に関する米国政府の公式な見解はどのようなものなのかを明らかにしてください。
  3. メア日本部長の発言からは、日本の文化と沖縄の人々の生活習慣に対して、強い偏見と差別が感じられます。こうした偏見と差別を持つ人物が、米国政府の対日関係に携わる役職についていることを、私たちは許せません。メア部長の解任を求めます。
  4. 日本と沖縄に対して偏見と差別を持つ人物を、日本部長に任命したオバマ政権に対して、その責任を追及し、日本と沖縄の市民に対する謝罪を求めます。

フォーラム平和・人権・環境事務局長 藤本 泰成

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS