トップ  »  声明・申し入れ  »  ケビン・メア米国務省日本部長の発言に対する抗議声明

ケビン・メア米国務省日本部長の発言に対する抗議声明

2011年3月 9日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

フォーラム平和・人権・環境事務局長 藤本 泰成

 3月7日の新聞報道によると、ケビン・メア国務省日本部長が昨年末、米国アメリカン大学の学生に対して国務省内で行った講義において、「日本人は合意重視の和の文化をゆすりに使う」、「沖縄はごまかしの名人で怠惰」などの発言を行ったとされている。
 このことは、日本人及び沖縄県民に対する差別と偏見に基づくもので、とうてい許し難い。また、沖縄の米軍基地問題に対する見解は一方的であり事実に反する。日米外交の重職にある者としての発言として断じて許されるものではない。
 平和フォーラムは、米国政府に対して真相の究明と謝罪、ケビン・メア日本部長の解職を強く要求する。
 この発言に対して、米国大使館は「米国政府の見解を全く反映していない」とし、「米国政府は沖縄とその人々に対し非常に深い敬意を持っている」とする声明を発しているが、そのことを信ずるに足る状況には全くない。
 在日米軍関係者による凶悪犯罪や、静かな日常生活を要求する夜間訓練の差し止めなどに対する米国政府の不誠実な対応は、このような発言に見られる日本に対する差別や偏見から生まれていると考える。
 平和フォーラムは、米国政府が「深い敬意」を持っているとするならば、沖縄県民の切実な要求に対し具体的に行動することを要求する。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS