トップ  »  声明・申し入れ  »  「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会」平和フォーラム代表誓いの言葉

「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会」平和フォーラム代表誓いの言葉

2016年8月15日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会」誓いの言葉

    フォーラム人権・平和・環境
共同代表   福山 真劫

   71回目の暑い夏がやってきました。
   私たちは、今年も、アジア・太平洋戦争の犠牲となられたみなさまの御霊を追悼し、平和への誓いをもう一度確認するため、ここに集いました。
   しかし今日皆様に何と報告したらいいのか、迷い続けています。
   天から、せみ時雨とともに、お前たちは一体何をしているのだとの叱咤激励の声が響いてきて、わたくしたちの胸を揺さぶります。
   現在世界はグローバリズムからくる矛盾の深刻化と中東の混乱とテロの拡大により、戦争と紛争が拡大し、流動化を続けています。また日本でも安倍自公政権の暴走により、社会が右傾化し、戦後の平和と民主主義・憲法体制が最終的に崩されようとしています。そしてこうした安倍自公政権の動きが、東アジアに、世界に不安と軍事的緊張をさらに加速させています。
   戦争法強行採決とその具体化への動き、沖縄辺野古米軍基地建設の強行、東村高江ヘリパット基地建設の強行、原発再稼働、貧困と格差社会の進行、と暴走が続いています。参議院選挙、都知事選挙もありましたが、とりわけ参議院選挙では、改憲勢力に議席数の3分の2の獲得を許し、わたしたちが勝利したとは言えない結果です。
   しかし私たちも、昨年の8月以来、事態の推移を傍観していたわけでは、ありません。私たちも結集している「戦争させない9条壊すな総がかり行動実行委員会」で、昨年8月30日には国会周辺を12万人こえる人人の「戦争法案廃案・安倍政権は退陣」の怒り声で埋め尽くしました。9月Ⅰ9日へ向けては、連日数万の市民が国会に結集しました。2016年に入ってからも、戦争法廃止・9条守れの署名も1350万筆集めました。毎月19日の日の行動、沖縄と連帯しての行動、参議院選挙や都知事選挙では、戦後初めてといわれる共産党を含む野党共闘を実現させ、市民連合、市民連絡会に結集して闘いました。それでも、安倍の暴走を止めることはできていません。
   よく言われますが、市民・国民も安倍自公政権の個別政策を支持しているわけではありません。参議院選挙後の朝日新聞7月13日発表の世論調査でも、自民党・公明党が過半数を大きく上回った原因は、安倍首相の政策を評価、15%、野党に魅力がないから、71%となっています。安倍政権への期待が37%、不安が48%、憲法改正、賛成35%、反対45%となっています。戦争法も、沖縄への基地建設の強行も、原発再稼働も、アベノミクスも世論に支持されているわけではありません。
   こうした世論を結集できていない私たちの運動の在り様が問われていることを痛感します。3・11以降私たちの運動の在り様が、深いところで問われました。脱原発、沖縄との連帯の本気度も問われました。「第2の加害者」という指摘も受けているように、私たちの加害者性も問われました。自らの組織の都合で、分裂している運動の実態も問われました。そしてそのことを克服するために、全力で連帯の輪を広げて、頑張ってきました。その結果が、「総がかり行動実行委員会運動」であり、「野党共闘」です。まだ道半ばであり、もう一歩前に進むためには課題もあります。しかしヒロシマの原爆慰霊碑に刻んでいる「安らかに眠って」いただくために全力で頑張ります。
   戦争法の具体化、沖縄への新基地建設、原発再稼働、貧困と格差社会の深刻化、憲法改悪への動きとこの秋続きます。その先にあるのは、戦争とファシズムです。今を生きるものとしての責任で、平和・民主主義・憲法体制を壊し続けている安倍自公政権と闘うことをもう一度お誓し、平和を誓う言葉とさせていただきます。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS