トップ  »  声明・申し入れ  »  「安倍談話」に対する平和フォーラム代表の見解

「安倍談話」に対する平和フォーラム代表の見解

2015年8月15日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

安倍談話に対する見解

          フォーラム平和・人権・環境 共同代表  福山真劫

  安倍晋三首相は8月14日、国際的にも、国内的にも注目をされていた「安倍談話」を閣議決定し、発表しました。
 その内容は、予測されていた通りの安倍首相の本質を絵にかいたような薄っぺらな「談話」です。日本が引き起こした侵略戦争と植民地支配は絶対に許されない重大な犯罪という認識もそれに対する真摯なお詫びもありません。それがゆえに、現在、安倍が進めている「戦争する国」路線の修正もなく、不協和音を立て続けている中華人民共和国、大韓民国へのメッセージも弱く、70年を経過するも未解決の日本軍慰安婦や、強制連行・強制労働、日朝国交正常化等への具体的言及もありません。結局、村山談話の本質を改ざんし、「米国の意向」を忖度しながらの、安倍自公政権が「現実に推進している政策」を真逆の美辞麗句で覆い隠すものとなっています。
 「なんの罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実」「これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが戦後日本の原点であります。2度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう2度と用いてはならない」「先の大戦への深い悔悟の念とともに、我が国はそう誓いました」と書いています。安倍首相がそう本気で思っているのであれば、なぜ安倍談話の翌日15日に靖国神社に有村、高市、山谷の側近の3大臣が参拝するのか、なぜ戦争法案成立を強行するのか、沖縄辺野古に新基地建設を強行するのか、軍事大国化へ進み続けるのか。なぜ日朝国交正常化に動き出さないのか。
 「唯一の被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶をめざし」とあります。それではなぜ米国の核の傘に入っているのか、東北アジア非核地帯構想へ踏み出さないのか、プルトニウムを貯め続けるのか。「戦時下で多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます」とあります。なぜ韓国の世論を無視して、日本軍慰安婦問題を「解決済み」とするのか。
 「暴力の温床ともなる貧困とも立ち向かい」とあります。なぜ世界の貧困・差別の構造に立ち向かわずに、「自衛隊派兵の戦争法案」なのか、なぜ国内で貧困と格差社会推進の政策をとり続けるのか。
 安倍首相は、当日の記者会見冒頭に「政治は歴史から未来への知恵を学ばねばなりません」と述べました。いったいどんな知恵を学んだというのでしょうか。「安倍談話」の衣の下から見えてくるものは歴史認識を修正し、戦争する国をめざして、戦争法案を強行し、沖縄への新基地建設を強行し、日本軍慰安婦課題、強制連行・強制労働課題、日朝国交正常化の先送りです。何も学んでいません。こうした安倍政権の暴走は、絶対に許せません。フォーラム平和・人権・環境は、平和・民主主義・憲法理念の実現・脱原発社会めざして、安倍自公政権と対抗して全力で取り組みます。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS