トップ  »  集会等の報告  »  2008在日朝鮮人歴史・人権週間全国集会(08月30日~31日 さいたま市大宮ソニックシティ)

2008在日朝鮮人歴史・人権週間全国集会(08月30日~31日 さいたま市大宮ソニックシティ)

2008年8月31日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 

080830.jpg

 平和フォーラムが、朝鮮人強制連行真相調査団や在日朝鮮人人権協会とともに、 2007年から開始した「在日朝鮮人歴史・人権週間」は国連人権委員会ディエン報告 書(2006年1月)が指摘した日本の差別についての歴史性を明らかにするものです。 2008年は、春に関西中心に阪神教育闘争60周年で行ったのにつづいて、夏・秋には、 1923年9月1日の関東大震災と朝鮮人虐殺から85周年で、軍と自警団による虐殺につ いての国の責任と謝罪、真相調査を日弁連が80周年時に政府へ勧告した点を、改めて 問い直すものとしてとりくまれました。8月30日には、さいたま市の大宮ソニックシテ ィ国際会議室に約300人が参加して全国集会を開催しました。オープニングには劇団 タルオルムによる地震時の在日の姿を再現する「記憶」と、1999年に日弁連に人権侵 害救済の申立を行った故文戉仙さんのビデオと遺族の方からの証言。関東大震災時に 知人が虐殺されるときのことが語られました。つづいて、委員会共同代表の清水澄子 ・平和フォーラム副代表の主催者あいさつなどのあと、シンポジウム「今問われる真 実と責任、そして現在」を石田貞・埼玉県朝鮮人強制連行真相調査団日本人側代表、 山田昭次・立教大名誉教授、梓澤和幸・弁護士、前田朗・東京造形大教授のメンバー で行いました。31日には、常泉寺の追悼碑や戦争末期に朝鮮人労働者が多数働いてい た吉見百穴そばに築かれた中島飛行機の大規模な軍需地下壕跡などのフィールドワー クを行いました。  →全国集会のアピール文  →朝鮮新報  →朝鮮新報・主な発言内容  →チラシ(pdf)

 

 

 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS