トップ  »  集会等の報告  »  犠牲者追悼 沖縄県民大会に6万5千人結集

犠牲者追悼 沖縄県民大会に6万5千人結集

2016年6月19日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

県民大会全景

 「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」(主催:辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議)が619日、沖縄県・那覇市の奥武山公園陸上競技場で開かれ、翁長雄志県知事、稲嶺進名護市長ら7市町村長、65千人の市民が参加しました。

 梅雨明け直後の炎天下のなか、古謝美佐子さんが『童神』(わらびがみ)を静かに歌い上げるところから県民大会は始まり、元米海兵隊で米軍属による残虐な事件の被害にあわれた女性を追悼し、参加者全員で黙とうをささげると、怒りと悲しみが静寂のなかに広がりました。オール沖縄共同代表の高里鈴代さんが、被害女性の父親から、「次の被害者を出さないためにも、全基地撤去、辺野古新基地建設に反対」などと訴えるメッセージを代読しました。名桜大の学生の玉城愛さんは、「女性の命がうばわれた。もしかしたら私だったかもしれない」と語り、「生きる尊厳と生きる時間が、軍隊によって否定される。命を奪うことが正当化される」と軍隊の構造的暴力について批判しました。大会の最後に翁長県知事が登壇し、うちなーぐちで「みなさん、負けてはいけませんよ。私たち県民の子や孫たちを守っていきましょう。がんばっていきましょう」と呼びかけると、会場からは大きな拍手が沸き上がりました。米海兵隊の撤退や地位協定の抜本的な改定を求める大会決議を採択した後、参加者は『怒りは限界を超えた』『海兵隊は撤退を』と書かれたプラカードを掲げ、アピールしました。

県民大会ぷら掲げる子ども.jpg

 

 県民大会に呼応した行動 全国各地でも

 県民大会事務局から、全国で県民大会に呼応した集会が41都道府県61か所と報告されました。平和フォーラム、戦争をさせない1000人委員会がかかわる集会や街宣行動も、18日と19日に限っても、28の都道府県、37か所で開催され、米軍による相次ぐ事件や事故を糾弾し、米海兵隊の撤退、日米地位協定の抜本的な改定、辺野古新基地建設反対などを訴えるとともに、オール沖縄会議から寄せられたメッセージを読み上げるなどしました。

 

国会前.jpg

 国会正門前でも、「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動」と「止めよう!辺野古埋立て国会包囲実行委員会」が共催して「怒りと悲しみの沖縄県民大会に呼応するいのちと平和のための6・19大行動」が開かれ、1万人の参加者らが「女性殺害徹底糾弾!」「海兵隊は今すぐ出ていけ!」などと声をあげました。

6・19県民大会決議はこちら

オール沖縄会議からの全国へのメッセージはこちら

全国各地の沖縄県民大会連帯行動一覧はこちら

沖縄県民大会と呼応するいのちと平和のための6.19行動 国会前に1万人

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS