トップ  »  集会等の報告  »  2016年  »  止めよう!辺野古埋め立て 2.21国会大包囲に2万8千人参加

止めよう!辺野古埋め立て 2.21国会大包囲に2万8千人参加

2016年2月21日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

 

2.21国会包囲行動.JPG

 

 2月21日、沖縄県名護市辺野古への米軍の新基地建設に反対する行動が全国各地で行われました。東京では、辺野古の美しい海をイメージした青い服や布などを身に着けた約2万8000人が参加し、国会を囲み「新基地建設絶対反対」「辺野古を守れ」と訴えました。沖縄からの訴えでは、名護市の稲嶺進市長が「政府は『辺野古しかない』と強引に埋め立て工事を進めようとしているが、正義と道理はわれわれにある。力を貸してほしい」と呼び掛けました(写真右2人目)。

 また、現地で座り込み闘争を続けるヘリ基地反対協議会・共同代表の安次富浩さんも駆けつけ、「民主主義や地方自治をないがしろにする政権を許すことはできない。沖縄の民意に従え」と声をあげました(写真右3人目)。さらに、沖縄選出の野党の全国会議員や、民主、社民、共産、生活の各党代表も登壇し、安倍政権と対決をし、安保法制廃止とともに、新基地建設反対でも国会内で共闘すると決意を表明しました。

 平和フォーラムからは勝島一博副事務局長が「この国会行動に呼応し、札幌、仙台、富山、名古屋、大阪、岡山、高知の全国各ブロックでも集会や街宣行動が行われている」と報告しました。最後に、宜野湾市出身でシールズ琉球の中心メンバーの元山仁士郎さんのコールに合わせて、稲嶺市長などが国会前で“人間の鎖”をつくり、「辺野古の海をつぶすな」などとアピールしました。

琉球新報
国会包囲行動に2万8千人 「辺野古に基地造るな」訴え
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-225471.html
 
沖縄タイムス
2万8千人が国会包囲 辺野古埋め立て断念求める
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=154940
 
 
UPLAN
止めよう!辺野古新基地建設 2.21 国会大包囲(動画)
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=LGBX4krkRRk
 
全国アクション各地のアピール
四国ブロックのアピール
北信越ブロックのアピール
 
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る  »  一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS