高校生平和大使

2021年04月01日

〔本の紹介〕『高校生平和大使に至る道』

多賀農 謙龍 著 (長崎新聞社)

平野伸人さんがこれまで関わってきた被爆二世運動、在外被爆者支援、被爆体験者支援そして高校生平和大使・一万人署名運動など核兵器廃絶と被爆者の支援、権利拡大などに文字通り国内外を奔走してきた歩みを軸として、それを支えてきた人々の動きが描かれたルポルタージュである。彼は、これまでの被爆者運動の枠外に置かれた人々に寄り添い、その活動範囲は、国内はもとより、韓国、中国、ブラジル、台湾など世界各地に拡がり、その行動力には目をみはる。

平野伸人さんの原点は、高校時代の級友を急性白血病によって亡くしたことで、自分も同じ被爆二世ということを意識したことにある。

運動へのかかわりは、長崎で教員になり、当時日教組が組織していた被爆教職員の会に代理で出席したことがきっかけだった。その後、長崎での被爆二世の組織化、全国の組織化と進み長らく「全国被爆二世団体連絡協議会」の会長を務め、運動を牽引し、被爆二世の権利拡大を求めてきた。

同時に韓国や中国などの在外被爆者が援護法の枠外に置かれ、母国で苦しい生活を強いられている現実に出会い、支援と権利の回復を追求してきた。それは、日本の戦争責任・戦後責任を鋭く追及するものでもあった。彼をはじめ多くの人々の努力によって、在外被爆者問題は一定の解決を勝ち取ってきた。

被爆二世問題と同様、積み残してきた課題として長崎の「被爆体験者」の救済問題にも取り組んだ。裁判を通して挑んだが、最高裁まで行って敗訴した。しかし、現在も形を変えて長崎地裁に再提訴して、闘い続けている。

被爆者が高齢化し、いずれ「被爆者なき世界」に次代をつなぐ若者に種をまくことが、高校生平和大使や1万人署名活動につながっている。彼の行動力なくしてこの取り組みは生まれなかった。未来につながる大きな仕事である。

彼の生き様は、人を動かし、社会を変える。その行動の軌跡は興味深い。(井上 年弘)

2021年02月01日

「第23代高校生平和大使ヒロシマ研修」報告

第23代高校生平和大使 西山喬紘

2020年12月5日・6日に「第23代高校生平和大使ヒロシマ研修」が行われました。猛威を振るうCOVID-19の影響により全国の第23代高校生平和大使が一堂に会する初めての機会でもありました。

12/5(土)・1日目 

「第23代高校生平和大使ヒロシマ研修」1日目は、元広島平和記念資料館館長で、被爆者でもある原田浩さん、高校生平和大使の設立者で現在共同代表を務める平野伸人さんらの講演とメッセージ、各都道府県平和大使による活動報告が行われました。

実は被爆者の方から対面でお話を伺うことは、私にとって初めての機会です。高齢化している被爆者の方のご年齢と深刻化するCOVID-19の影響を考慮すると、肉声でお話を伺えることはあまりにも貴重で、こうした機会をいただけたことに頭が下がる思いです。

一連のお話を通し、私たちに期待はしているが、少しでも自分を甘やかしたら終わりだよといった趣旨のメッセージを送ってくださったように感じました。「高校生平和大使」の一翼を担わせていただけているという実感が湧くと共に、自身が務める役職の重さも改めて理解させられました。

平和大使による活動報告では、各道府県ともCOVID-19の影響を受けながらも、新たな手法を探りながら活動を着々と行っていることがしっかりと伝わりました。私自身の発表では、東京支部の活動目標、オンライン修学旅行の報告・謝辞、東京支部メンバーはいかに素晴らしいか。この3点を十分に伝えられたという感触を得ています。

12/6(日)・2日目

2日目は「平和記念公園」の見学が主でした。3時間程の時間が確保されていたため、修学旅行では見学ルートに含まれていなかった義勇隊の碑など様々な所を見学することができました。

3時間のうち半分以上は「平和記念資料館」の見学にあてられました。10か月前、一高校生として初めてここに立ち入った際は、悲惨さがひしひしと伝わるその資料を前に直視できない時間が大半でした。しかし、「高校生平和大使」という役職を与えていただき、使命を持って臨んだ今回はきちんと向き合い、様々なものを吸収できたように感じます。日本の方のみならず多くの人々に必ず1度は立ち寄っていただきたい場所です。

見学終了後30分ほどは高校生らしくみんなで写真を撮ったり、昔からの友人かのようにたくさん会話を行い、全員が笑顔で帰路につくことができました。 しかし、またいつかと卒業式で互いの健闘を祈りながらも、もう会うことはないあの感じに少し似ていたため、対面で会うことはひょっとしてもう…という不安がよぎりました。杞憂に終わることを信じたいと思います。

2日間を通して

各位の講演とメッセージ、必ず翻訳されている平和記念館の各資料を拝見して「英語」の必要性を痛いほど再認識させられました。私は囲碁棋士を志していた過程で学業を疎かにしており、中学までに学習する基礎部分に抜け落ちているところがあるという自覚があります。今までは基礎が入っていないことを自覚しながらもごまかしながらなんとか高校範囲を乗り切っていましたが、今後は囲碁で培った尋常じゃないと自負するほどの忍耐力を生かし、自身の弱点としっかり向き合いながら勉学により一層勤しみ、国際的に闘い羽ばたける人物となりたいと考えさせられました。

今後の抱負

「22年にわたり活動を続けていて、ノーベル平和賞にもノミネートされている。今東京ではみんなより年下の1年生の女の子が務めているんだよ。」昨年の修学旅行の事前学習の際、自分とは全く違う凄い人もいるのだなと感じていた「高校生平和大使」。まさか一年後に自身がその立場でこうして活動しているとは想像もつきませんでした。

平和社会の構築とは、本気で向き合って、沢山努力をしてようやく、本当にようやくほんの僅かだけ前に進める可能性があるというレベルの話だと考えております。生半可な気持ちで向き合っていてはただやった気になるだけで時間の無駄でしょう。高校3年生という人生のスタートラインにようやく立たせていただいたような年齢で、このような物事に挑戦させていただけることはありがたい限りです。

全国の高校生平和大使、そしてなによりも東京支部の素晴らしい友人方に出会えたことに感謝しかありません。私よりも1学年下であるのにも関わらず、高い志を持ち日々夢に向かい、学習に、課外活動に精力を注ぐ澄んだ目の彼女たちを見ているうちに、私も新たに一つ大きな夢を抱くようになりました。 今、こうして年下の友人たちからこれほどまでに刺激を受けているのも、修学旅行先が何故か私の代のみ広島であったためです。既卒された先輩や後輩である1・2年次の旅行先は沖縄です。不思議な縁もあるものですね。

こうした全ての縁に導かれ、高校生平和大使として活動する機会を与えていただいている以上、共同代表である平野さんが講演の際に仰った「目的を常に忘れずに使命を果たせ」という言葉を常に胸に刻み、自身の考える使命を生涯にわたり全うしたいと考えております。(にしやまたかひろ)

TOPに戻る