トップ  »  集会等の報告  »  「辺野古新基地建設反対1・29集会」開催される

「辺野古新基地建設反対1・29集会」開催される

2014年1月29日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

140129_01.jpg 1月19日の名護市長選での、稲嶺進さんの再選勝利を受け継いで、新基地建設反対のとりくみの新たな一歩をしるすため、29日、全電通労働会館ホールで「沖縄を再び戦場にするな 辺野古の海の埋め立てを許さない 辺野古新基地建設反対1・29集会」が、約500人の参加を得て開かれました。

 主催は、平和フォーラムと辺野古への基地建設を許さない実行委員会。最初に主催者を代表して、福山真劫平和フォーラム代表が、「安倍政権の戦争政策の暴走に名護市民がストップをかけ、民主主義の勝利をもたらせた。しかし沖縄の県外において基地撤去、沖縄の基地強化に反対する闘いがあるのだろうか。弱い現状をなんとしても克服しよう」と挨拶。海上ヘリ基地建設反対・平和と名護市政民主化を求める協議会共同代表の安次富浩さん、そして沖縄平和運動センター議長の山城博治さんが、辺野古と沖縄の闘いの現状報告と訴えを行いました。
 安次富さんは、辺野古基地は普天間の代替えではない、巨大な揚陸艦が接岸できるふ頭の建設など、想像を超えた巨大な新基地建設の構想だ、と述べられ、山城さんも仲井眞知事に県から去ってもらう闘いを始めると述べられました。
 連帯あいさつとして、沖縄等基地問題議員懇談会代表・近藤昭一衆議院議員、辺野古建設反対の国内識者アピールをされた東京外国語大教授の西谷修さん、東京平和運動センターから自治労東京都本部副委員長の中條貴仁さんがそれぞれ連帯挨拶をされました。また、沖縄等基地問題議員懇談会事務局長の水岡俊一参議院議員も集会に駆けつけていただきました。
山城さんの発言 →集会決議 →動画(ユープラン)
 

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS