トップ  »  集会等の報告  »  2019年  »  「止めよう辺野古新基地建設・9条改憲・安倍政権の暴走を!国会包囲行動」

「止めよう辺野古新基地建設・9条改憲・安倍政権の暴走を!国会包囲行動」

2019年5月25日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

        沖縄集会写真1.JPG

 辺野古新基地建設を断念せよ!
 国会包囲行動に5000人!
 参院選勝利で安倍政権を退陣へ追い込もう!
 
 5月25日、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は、国会周辺で、基地の県内建設に反対する県民会議、「止めよう?辺野古埋め立て」国会包囲実行委員会との共催で「止めよう辺野古新基地建設・9条改憲・安倍政権の暴走を!国会包囲行動」を開催し、猛暑の中5000人が参加しました。また。この日の行動は全国32の都道府県、38地域で開催される全国総行動として実施されました。

 集会は、主催者を代表して野平晋作さん(国会包囲実行委員会)があいさつし、「2月の県民投票で、新基地建設反対の沖縄県民の意思が明確に示されました。ボールは本土の側に投げられました。本土のたたかいが問われています。沖縄の民意が尊重されないなら、日本に民主主義はないことになります。沖縄に過剰に押し付けられている米軍基地問題を解決することで、日本に本当の平和と民主主義を実現しましょう」と訴えました。
 作家の落合恵子は「あれだけの大勢の県民が反対という確かな意思が表明されながらも、ほんのわずかでも耳を傾けず・誠意も示した政権ではない。こんな暴挙を許すことは沖縄県民はもとより、この国の民主主義を破壊・破滅する道でしかありません。こんなことをもう一度声を大にして語っていきましょう。」と呼びかけました。
 沖縄から駆け付けた安次富浩さん(ヘリ基地反対協)は「私たちは『勝つこととは、あきらめないことだ』を合言葉にして、座り込みや、抗議行動を展開しています。衆参の同日選の情報が流れていますが、堂々とたたかって、安倍政権を打倒しましょう。この国を変えるのは私たち主権者です。一致団結して本当の民主主義の国を作りましょう!」呼びかけました。
 政党からは、石橋通宏参院議員(立憲民主党)、森ゆう子参院議員(国民民主党)、小池晃参院議員(日本共産党)、福島瑞穂参院議員(社会民主党)が駆けつけ、それぞれ、辺野古新基地建設の強行に反対し、安倍政権の退陣を求めて共に闘う決意を述べました。

 内山さと子武蔵野市議会議員は、武蔵野市議会が政府に対し沖縄の県民投票の結果を尊重することを求める意見書を採択したことを報告し「小平市でも小金井市でも意見書が採択されました。沖縄だけでなく本土の私たちが声をあげ行動することが今、求められています。沖縄との連帯を今度こそしっかりと示して、安倍政権の退陣を求めていきましょう。」と訴えました。
 藤本泰成さん(総がかり行動実行委員会)は、学者・弁護士・文化人らによる公開ヒアリングを防衛省と行った報告を行いながら「私たちの13項目の公開質問に関して、防衛省は一切まともな回答ができませんでした。沖縄の現実がいかに理不尽で、憲法が規定する平和主義と民主主義・基本的人権をいかにないがしろにしているかは明らかです。沖縄と連帯し大きな声をあげていきましょう!」と呼びかけました。

最後に高田健さん(総がかり行動実行委員会)が閉会の挨拶に立ち、「今国会での改憲発議はほぼできなくなった。安倍総理の次の手は参院選で3分の2を確保することです。しかし、それを阻止すれば安倍総理の9条改憲の夢は破れ、彼は引責辞任せざるを得ません。参院選に勝利して、安倍政権の崩壊に追い込みましょう!闘いは続きます共に頑張りましょう」と訴えました。
集会は2部として議員会館前(平和フォーラム)、国会図書館前(共同センター)、国会正門前(市民団体)の三カ所で集会が開催されました。
 

 

沖縄集会写真2.JPG

(一部集会)

二部集会―――議員会館前集会の報告
 平和フォーラムが担当した議員会館前の集会では、I女性会議の池田万佐代さんの司会で進行し、まず内田雅敏弁護士が登壇。内田弁護士は「天皇メッセージによる軍事基地の容認がその後の沖縄の切り捨てにつながり、広範な国民がそれを承認した。砂川闘争を始めとする全国各地での米軍基地反対闘争の結果、基地が沖縄に集中したことを考えなければならない」と指摘。また、憲法11条と97条に永久の権利として基本的人権が明記されていることを紹介し、「戦争責任の問題、植民地政策清算の問題、辺野古新基地建設阻止の闘いに勝利することにより、自由獲得の努力の成果である基本的人権を尊重した、この未完の日本国憲法を補完することができるのではないか」と訴えました。

 沖縄平和運動センター事務局長の大城悟さんは、「この15日、47年目の復帰を迎えたが、いまだに憲法は適用されず、基本的人権の尊重、平和に生きる権利、主権、なにひとつ変わらない沖縄の現実がある」と指摘。そして、辺戸岬に立つ復帰闘争碑にある「県民の平和への願いは叶えられず日米国家権力の恣意のまま軍事強化に逆用された」「闘いを振り返り、大衆を信じあい、自らの力を確かめ合い、決意を新たにし合う」という碑文を紹介。先人たちの思いがいまの辺野古の現場に重なっていること。工事費も工期も示せない辺野古の工事の問題を指摘、「未来の子どもたちのために米軍基地を引き継いではならない、全国の仲間と力を合わせて必ずこの基地建設を止め、真の民主主義を勝ち取り、真の平和を勝ち取りましょう!」と力強く訴えました。

 日教組青年部保科充孝さんは、「基地問題は国と沖縄県の対立構造で語られがちだが、生活、人権にかかわる問題だ」と指摘。「夜間米軍機が住宅地上空を低空飛行し、物資を吊り下げて住宅地上空を飛行する、日常に危険が溶け込んでいる、この事実に目を背けてはならない。新基地建設を断じて容認できない。日教組は玉城知事、沖縄県民のみなさんの辺野古新基地建設反対の意思を支持し、取組みを進めていく」と、闘う決意を述べました。

 全水道青年女性部長平手博之さんは、PFOS、PFOAという高濃度の残留性有機フッ素化合物が嘉手納基地周辺を流れる河川を水源とするポンプ場や北谷浄水場から検出されたことを報告し、「沖縄県企業局の基地内立ち入り調査の要請を米軍が認めず、現在でも水質汚染源が特定されていない。政府はそこに住む人々の生活を脅かす米軍基地を税金を使って造ろうとしている」と厳しく糾弾しました。

(二部集会)

 525沖縄集会2部HP.JPG

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る  »  一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS