トップ  »  集会等の報告  »  辺野古軟弱地盤問題で総がかり行動が公開ヒアリング

辺野古軟弱地盤問題で総がかり行動が公開ヒアリング

2020年2月13日

ソーシャルブックマーク : このエントリーをYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをニフティクリップに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをlivedoorクリップに追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをイザ!ブックマークに追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加 このエントリをdeliciousに追加

IMG_0936.jpg
 辺野古新基地建設にかかわり、大浦湾の軟弱地盤対策について防衛省は昨年末12月25日、第3回技術検討委員会に、大幅な工事変更の概要を示しました。当初の計画では完成までに8年、総工費3,500億円以上とされていましたが、今回の報告では完成までに12年、総工費は9,300億円に膨らんでいます。この問題で、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は2月12日、防衛省に対して公開ヒアリングを実施するとともに、院内集会を開催しました。
 公開ヒアリングには、平日午後にもかかわらず、多くの市民が参加し、沖縄等米軍基地問題議員懇談会の近藤昭一会長(衆院議員)、石橋通宏事務局長(参院議員)ら10名を超える国会議員とともに、防衛省に対するヒアリングに臨みました。
 北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会・元土木技術者)が中心となって、技術的な問題点を50項目以上に渡って質問をし、また海面から90メートルまで軟弱地盤が広がっている課題について緊急の追加質問も行い、防衛省を質しました。問題となったB27のボーリング調査については、「民間業者が自主的に行ったもの」として、防衛省はデータを重視する姿勢は一切見せず、評価も含めて言及を避けることに終始しました。
公開質問事項はこちら
緊急追加質問はこちら
質問事項に関わる図版はこちら
 公開ヒアリングの後院内集会を開催し、北上田毅さんより、前例のない軟弱地盤の工事は、技術的にも不可能のであること、大幅な工事変更で、沖縄の自然環境が壊滅的に破壊されることなど、詳しいデータを例示しながら説明しました。

このページの先頭へ

同じカテゴリの記事

一覧を見る

メルマガ登録・解除

平和フォーラムメールマガジンをお読みください

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

FeedアイコンRSS