新着情報

ニュースペーパー2019年7月

平和だからこそ語れる講談師を生涯続けていけたら講談師田辺一乃さんに聞く 参議院選挙で安倍の退陣を 相模原補給廠から:米軍ミサイル部隊の新司令部? 「香害」メーカーは販売中止を、国は規制を 核廃絶、脱原発、ヒバクシャ連帯へ:原水禁大会 在朝被爆者の援護が急務政府の不誠実な対応 日本のプルトニウム削減宣言の実態 「嘘」を散りばめた廃炉ビジネス 加盟団体の活動から:部落解放同盟 本の紹介『沖縄・辺野古から見る日本のすがた』 核のキーワード図鑑 立憲野党と市民の共闘で、参院選に勝利し、安倍政権を退陣に追い込もう!  6月26日に通常国会が閉会しました。今国会では、消費増税、脱原発、再生可能エ

7・3新宿駅西口街頭宣伝のお知らせ

7月3日(水)18時30分より、新宿駅西口にて街頭宣伝を行います。 参院選告示日前日の街頭宣伝です。ぜひ、ご参加ください。 【新宿駅西口街頭宣伝】 日時:7月3日(水)18:30- 場所:新宿駅西口 登壇者:山口二郎(市民連合)、町田ひろみ(安保関連法に反対するママの会)、内田雅敏(弁護士) …他 主催:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

7・3新宿駅西口街頭宣伝のお知らせ

7月3日(水)18時30分より、新宿駅西口にて街頭宣伝を行います。 参院選告示日前日の街頭宣伝です。ぜひ、ご参加ください。 【新宿駅西口街頭宣伝】 日時:7月3日(水)18:30- 場所:新宿駅西口 登壇者:山口二郎(市民連合)、町田ひろみ(安保関連法に反対するママの会)、内田雅敏(弁護士) …他 主催:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合/戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

日本の朝鮮半島政策 制裁一辺倒の外交を問う国会審議が必要 ―強い制裁維持で信頼醸成は進まない 湯浅一郎

6月30日、劇的な第3回米朝首脳会談が対立の象徴である板門店において行われた。トランプ大統領は、米大統領として始めて朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の地を踏んだ。一時は、韓国の文在寅大統領も含めて3者がそろう場面もあった。これは、朝鮮戦争が終結に向かっていることを暗示させる場面でもあった。そして、7月半ばからの米朝の実務者協議が再開されることになった。ハノイの第2回会談が物別れに終わりこう着状態が続いていた中で、首脳外交の継続が確認できた意義は極めて大きい。 しかし、対話の枠組みが壊れていく危険性が伴う課題として、大きく2つの問題が一貫して継続していることに変わりはない。その2つとは、

食の安全・監視市民委員会 2019年連続講座 安全に暮らしていくために

  食の安全・監視市民委員会 2019年連続講座 安全に暮らしていくために     平和フォーラムも参加する食の安全・監視市民委員会は、それぞれ「日本がダントツで多い家畜への抗菌剤使用」「相続の基本のきを知ろう~昭和55年以来の法律大改正~」「効かない健康食品 危険な健康食品の見分け方」と題して、4月以降3回にわたって連続講座を行いました。       食の安全・監視市民委員会ホームページ   第1回 4月20日(土)13:30~15:45 会場:連合会館5階502会議室 「日本がダントツで多い家畜への抗菌剤

沖縄だよりNO.89(PDF)

http://www.peace-forum.com/okinawa-branch/okinawa_No89.pdf

2019年06月20日

朝鮮学校への差別撤廃のため、IOC委員に要請

「朝鮮学園を支援する全国ネットワーク」は6月7日、国際オリンピック委員会の委員全95名に要請文を送付いたしました。内容は、高校無償化制度からの排除と補助金の支給停止という民族差別を即刻中止するよう日本政府に働きかけてほしいというものです。 以下、要請文になります。   2019年6月7日   国際オリンピック委員会・委員 ○○ 先生 [姓]様   私たち「朝鮮学園を支援する全国ネットワーク」は、日本における朝鮮学校に対する差別を解消することを目指して活動している市民団体です。差別なき社会の促進を含むオリンピズムの価値

沖縄だよりNO.88(PDF)

http://www.peace-forum.com/okinawa-branch/okinawa_No88.pdf

2019年06月15日

辺野古埋め立て用の県外土砂搬出を止めよう!61万筆の請願署名提出

 防衛省は辺野古新基地建設に伴う埋め立て用に、2100 万m³もの土砂が必要とし、うち 約1700 万m³を沖縄県外の徳之島、奄美大島、佐多岬、天草、五島、門司及び瀬戸内各地区 で採取した土砂を使用する計画を立てています。これら土砂の搬出地の住民や環境団体らが2015年5月、「故郷の土で辺野古に基地をつくらせない」との思いから、「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会(略称:辺野古土砂全協)」を設立し、内閣総理大臣宛に土砂搬出反対の署名活動をはじめ、各地で学習会を開催するなど活動を進めていました。 総がかり行動実行委員会は昨年10月、辺野古土砂全協の呼びかけに応え、新たに始められ