平和軍縮時評

2012年04月30日
平和軍縮時評4月号 米核兵器関連予算、引き続き増額 ―その中で市民の頑張りがプルトニウム施設に一矢―  湯浅一郎
2012年03月30日
平和軍縮時評3月号 在沖海兵隊見直し―日本でも、幅広い議論をすべきとき 塚田晋一郎
2012年02月19日
平和軍縮時評2月号 米国の新「国防戦略指針」―「全政府的アプローチ」によって軍の役割と軍事費の縮小を目指す―今こそ、日本の護憲・平和運動の出番だ 田巻一彦
2012年01月30日
平和軍縮時評1月号 国際的論議に対する市民社会の監視を強めたい―第66回国連総会軍縮決議への投票行動―  湯浅一郎
2011年12月30日
平和軍縮時評12月号 政府、「環境アセス書」を夜陰に乗じて搬入―普天間移転先は県外・国外以外にない―オスプレイ配備は論外、白紙撤回を 田巻一彦
2011年11月30日
平和軍縮時評11月号 ジブチに戦後日本初の海外基地  ―進む自衛隊派遣の既成事実化    塚田晋一郎
2011年10月30日
平和軍縮時評10月号 核兵器の近代化へ邁進する核武装国―核兵器ゼロはどこへ行ったのか?― 湯浅一郎
2011年09月30日
平和軍縮時評9月号 東北アジアの平和に逆行する、韓国・済州海軍基地計画  塚田晋一郎
2011年08月30日
平和軍縮時評8月号 福島原発事態による海洋の放射能汚染  湯浅一郎
2011年07月30日
平和軍縮時評7月号 米国は普天間の「現状固定」を視野に―<2プラス2>合意の影で進む太平洋米軍再編全体の見直し―オキナワとフクシマの同時代性  塚田晋一郎・田巻一彦
2011年06月30日
平和軍縮時評6月号 福島事態からグローバルな放射能汚染をふりかえる  湯浅一郎
2011年05月30日
平和軍縮時評5月号 2010年の東北アジア、くり返された日米韓の軍事演習  湯浅一郎
2011年04月30日
平和軍縮時評4月号 米政府、軍事費削減に着手―動機は財政再建―在日米軍駐留を問うチャンス  湯浅一郎・田巻一彦
2011年03月30日
平和軍縮時評3月号 今こそ、思い起こそうビキニ水爆被災-海流が運んだ「死の灰」と汚染マグロ   湯浅一郎
2011年02月28日
平和軍縮時評2月号 文民による「安全保障」を構想しよう―米「外交・開発政策見直し」と日本  田巻一彦
2011年01月30日
平和軍縮時評1月号 日本政府の核政策の変更を求めよう-核軍縮日本決議など変わらぬ「核の傘」への依存   湯浅一郎
2010年12月30日
平和軍縮時評12月号 新防衛大綱~「南西海域危機」を追い風に「動的防衛力」打ち出す  田巻一彦
2010年11月30日
平和軍縮時評11月号 沖縄周辺での米海軍の新たな動きと中国海軍-米海軍の掃海艦と原潜活動の活発化   湯浅一郎
2010年11月30日
平和軍縮時評11月号 沖縄周辺での米海軍の新たな動きと中国海軍-米海軍の掃海艦と原潜活動の活発化   湯浅一郎
2010年10月30日
平和軍縮時評10月号 「防衛大綱見直し」と市民社会  田巻一彦

TOPに戻る